海舌

KAI SETSU
THE SEA TONGUE

Author , the Sea Tongue @ Kaisetsu
Financial Engineer

◆座有銘
1) 「被褐懐玉」 知我者希、則我者貴。是以聖人、被褐懐玉。
2) 私の仕事は、常に真実を美と統一しようとするものであった。しかし、どちらか一方を選ばざるを得ない時には、美を選んだ。(Hermann Klaus Hugo Weyl)
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
threepeaches
Author:Kaisetsu
◆the Sea Tongue は、地球の『臍』(へそ)とも言える実在の地球上の場所を指す。世界の秘密が隠されている場所である。
Photo:When I took this picture, a small crab was angry at the thumb of my left leg.I had stayed there already for one year and 6 months.(Langkawi 4 years before the earthquake spawned huge TSUNAMIs)
◆座有銘⇒ 「被褐懐玉」 知我者希、則我者貴。是以聖人、被褐懐玉。 
◆「花ありて 花影ありと 想う日々」「天に花あり 一海を渡る」天花一海
◆Space-time-matter ([1922])  Author: Weyl, Hermann, 1885-1955
◆ a Financial Engineer
Creative Commons License
This work of KAISETSU Blog is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivs 3.0 Unported License.



アクセスランキング

free counters
qrcode